飲食店開業までの下準備

飲食店開業塾

飲食店開業塾

RANKING

  • 資金調達は公庫がオススメ

    飲食店の開業には初期投資が掛かります。ほとんどの場合自己資金だけではまかなえないため、開業資金の調達が必要です。

  • 事前に資格や営業許可を取得

    飲食店の開業には食品衛生責任者の資格や営業許可の申請など、公的な手続きも必要です。早めに済ませておきましょう。

  • ホームページで情報を発信

    飲食店を開業しても集客がうまくいかないと経営は行き詰ってしまいます。ホームページの立ち上げも早めに検討しましょう。

特集記事

採用前にチェックすべきこと 採用前にチェックすべきこと

開業した飲食店で新しく従業員を雇用する際のチェックポイントを紹介します。採用は慎重に検討しましょう。

下準備編

飲食店を開業したいと思ったら、まず自分がどのようなお店を開業したいかを具体的にイメージしてみましょう。ここをいい加減にしてしまうと、全てのコンセプトがいい加減になり、準備も上手くいかなくなってしまいます。自分が開く飲食店のイメージが決まれば、物件探しがスムーズになります。また、開業資金の調達も重要です。どのような融資元があるのかを知っておきましょう。また開業をするために必要な資格取得についても知っておくことが大切です。

物件探しのコツ物件探しのコツ

飲食店を開く時に「物件探し」は特に重要です。物件を選ぶ前に、自分が開きたいお店のイメージをしっかりと固めておくことが大切です。物件探しのポイントは3つで「立地」と「広さ」と賃料などの「条件」です。自分の開きたいお店が会社員向けだった場合は、ビジネス街の近くの立地にある物件を選ぶ必要があります。また家族だけで営業をしたい場合は、あまり広すぎる物件を選ぶ必要がないでしょう。さらに賃料は毎月必ず掛かる経費ですので、適切な賃料の物件を選ぶことが大切です。詳細

資金調達は公庫がオススメ資金調達は公庫がオススメ

飲食店を開業するためには「開業資金」が必要になります。開業資金は数千万円単位になりますので、自分の貯金などで全てをまかなうのは難しいでしょう。そこで政府や自治体の融資制度を利用しましょう。政府系の金融機関「日本政策金融公庫」の「新創業融資制度」は審査も通りやすく、最大3000万円の融資を受けることができます。無担保・無保証の上、自己資金が10分の1用意できればOKなど、クリアする条件も低いのが魅力です。また地方自治体が行う「制度融資」も利率が低いなど魅力が多い制度です。詳細

事前に資格や営業許可を取得事前に資格や営業許可を取得

飲食店をオープンさせるためには、店舗のある地方自治体の保健所に飲食店の営業許可をもらう必要があります。そのためにはまず「食品衛生責任者」の資格を取得する必要があります。食品衛生責任者の資格取得は一日講義を受けるだけの簡単なものですが、順番待ちがありますので早めに申し込みをしましょう。資格取得後、保健所に必要書類を提出し、保健所の基準に合うよう内装やキッチン作りを行います。最後に担当者の検査を受けて合格すれば営業許可が下ります。詳細

この記事も読むべし!

物件探しのコツ
物件探しのコツ

飲食店の開業準備の中で特に重要なのが物件探しです。物件を選ぶ時には、まず「自分が出したいお店のイメージ」が先にあることが大切です。自分のお店のイメージがしっかりしていると、そのお店に来るお客さんをイメージすることもでき、そのお客さんを狙った立地にお店を出すことができるからです。またお店の広さや賃料などの条件も物件探しでは重要になります。今回は物件探しのノウハウについて様々な情報を紹介していきます。

MORE
店名はコンセプトを意識して
店名はコンセプトを意識して

飲食店が成功するかどうかを左右するほど大きなポイントになるのが「店名」です。店名は雰囲気で決めるのではなく、自分が出すお店のコンセプトに沿ったものにしましょう。ラーメン屋さんなら「○○ラーメン」とすると分かりやすく入りやすいお店になります。オシャレな店名を付ければ若いお客さんにアピールしやすくなるでしょう。また7文字以内の店名にするとお客さんが覚えやすくなり、友達や知り合いの人にも教えやすくなるため、口コミ効果が期待できます。

MORE
売れるメニューの作り方
売れるメニューの作り方

飲食店を成功させるには「売れるメニュー」を作ることが大切です。まずどのお店でも出しているようなメニューばかりだと他店との差別化ができなくなり埋没してしまいます。「このお店でしか食べられない」という看板メニュー作りが大切になります。看板メニューがあるお店では、他のメニューの注文率も上がるという傾向があります。またリピート客を増やすために「オススメメニュー」を継続して開発することが大切です。いつ来ても新しいメニューがあるとお客さんを飽きさせません。

MORE
「採用課金型」の求人サイトを活用
「採用課金型」の求人サイトを活用

飲食店を開業する時は、「求人広告」を出すことになります。求人広告を掲載する場所として「求人サイト」がオススメです。仕事を探している人の多くが求人サイトをチェックしているからです。また求人サイトを利用する時は「採用課金型」を採用しているサイトを選びましょう。従業員を雇用し、実際に働き始めるまで無料で求人広告を掲載できるというメリットがあります。広告費を気にして慌てて従業員を選ぶ必要が無く、じっくりと良い人材を選ぶことができるでしょう。

MORE